• ホーム
  • 夜の営み、EDとお酒の関係

夜の営み、EDとお酒の関係

EDになってしまうと、夜の営みがうまくいかないため、悩んでしまう方もいるでしょう。
EDになる原因には、いくつか考えられます。
生活習慣や食生活、ストレスなどが原因になる場合や、喫煙や飲酒なども原因の一つになる場合もあります。

EDの場合には、医療機関での治療をしてもらうことも大切です。
しかし、まずは自分の生活環境から見直してみて、生活習慣や食生活を健康的な状態になるように改善していくことも重要だといえるでしょう。
血行不良などになりやすい生活習慣としては運動不足があげられます。
代謝機能が低下してしまうため、血流を改善するために適度な運動をすることが大切です。
また、継続して体を動かし、運動をすることで、代謝機能の向上だけでなく、脂肪を燃焼させることにもなり、ダイエット効果などにも期待ができるでしょう。
EDになりやすい方の中には、肥満の場合も多いため、ダイエットをして体型を改善するのも自分の健康維持のためにもなりますので、定期的に運動をする習慣を身に着けるといいでしょう。

喫煙は、血管を細くする作用があり、その影響によりEDになる傾向があると考えられています。
できるだけ喫煙を控えることも大切なことです。

お酒も適量を飲む場合には、勃起にそれほど影響することはありません。
ただし、アルコールを多量に摂取してしまうと、神経伝達などが阻害されてしまうこともあり、神経や血管などが正常に作用しない可能性がでてきてしまいます。
そのため、一時的な勃起不全になる可能性もありますが、長期でお酒を飲む機会が多い場合などは、性機能が衰えることも考えられるため、アルコールの多量摂取はできるだけ控えるようにしたほうがいいでしょう。