• ホーム
  • 加齢臭の匂いはEDなどの勃起障害に注意が必要

加齢臭の匂いはEDなどの勃起障害に注意が必要

加齢に伴い、身体能力も徐々におちてきます。
また、加齢により加齢臭がしてくることもあるでしょう。
この匂いは、本人はあまり気にならない場合もありますが、周囲からはかなりの匂いとなる場合があるので、ある程度加齢臭対策も必要でしょう。

また、加齢臭がしている場合には、EDなどの勃起障害になる可能性もでてきます。

その他にも、生活習慣の乱れや飲酒、喫煙などさまざまな原因により、EDになることも考えられます。
そのため、生活習慣をしっかりと改善していくことがED対策になるでしょう。

基本的に健康的な生活習慣を身に着けることが最も重要です。
睡眠不足、運動不足などは、自身の健康を維持するためにも改善していく必要があります。
自律神経やホルモンバランスの乱れを正すために規則正しい生活をして、睡眠もきちんと取ることは重要なことです。
睡眠は、疲労の回復にも役立つため、目の疲れ、眼精疲労などの改善にもつながります。

適度な運動をすることで、代謝機能の向上により、血行不良の改善にもつながるでしょう。
血液の流れはED対策にもなるので、定期的な運動をすることは大切だといえます。

飲酒では、適量を飲むことは、体にとってもそれほど負担になることはありません。
ですが、多量にアルコールを摂取してしまうと、肝臓への負担や、胃などを荒らすことにもなるので、体調不良の原因にもなります。
また、アルコールにより酔ってしまった状態で性行為をしようとすると、うまく勃起しないこともあるので、アルコールは適量を守るようにするといいでしょう。

喫煙の場合には、血管を収縮させることになるため、血液の流れを悪くすることが考えられます。
肺などにも負担になり、また周囲に対しても煙により悪影響を与えるため喫煙は控えるといいでしょう。